エロジンアップデート、PHP削減とリージョン移転

  • 投稿日:
  • 射精:25回
  • カテゴリ:お知らせ

エロジンの大規模な第二回目のアップデートが完了しましたので通知します。初めに当サイトをご覧の皆様に心から感謝を込めてお礼します。また、サイト構築に携わった開発チームに感謝の意を込めて祝福したいと思います。
┏○))
このリリースには、以下の新機能、機能改善、バグの修正が含まれます



CDNの見直し

EROZINECDN

アダルトサイトを構築していく中でWEBの高速化は三大原則以前の問題であり、アダルトサイトを高速化するのでは無く、高速化するのだからこそアダルトサイトを構築するという理念が私にはありました。そのために過酷なコーティング技術を備えたWEB技術者たちを迎え一緒に考えていきました。


初めに議題となったのは画像のパフォーマンスです。いくらこちら側のサーバスペックが高くとも、訪問するユーザーの端末デバイスが疎かなものだと、画像を読み込むのに時間がかかってしまいます。それでは勃起しかけたちんぽこが、画像が表示される前にしなびれてしまう恐れがありました。


解決策としてまず1枚でも多くの画像を品質を維持しつつ軽量化縮小圧縮させることと、CDNの導入でした、これはエロジンが誕生する前から我々のコンプライアンスとしてすでに決まっていたことです。CDN:コンテンツデリバリーネットワークとは世界中にあるサーバからアクセスする訪問者に最も近いサーバからファイルを配信する技術で、CDNサービスを配布しているサイトがたくさんあります。中でも人気が高いのは「CloudFlare」で無料で使うことができます。


様々な意見が飛び交う中、最終的にCDNサービスは「Photon」を利用することにしました。しかし実態を探るとPhotonのサーバはアメリカにあります。当然ですが、インターネットの電波も物理的な物ですし近ければ近いほど早いです。エロジンのサーバは現在マレーシア・中国・ロシアにあるので、最終的に表示されるコンテンツは、いちいち三つの国境を越えるという極めて不可解でリーズナブルな結果になっていました。
んじろゑ
勢力図をご覧のとおり、まず訪問者様が渡米、米がエロジンサーバを介しマレーシアへ要求し分散して出力します。 Photonのサーバは移転することができません。そこでエロジン本体が自らアメリカへリージョン移転することでこの悩みは解消されました。



PHPへの飽和

php1

WordPressを利用する以上、サイトはPHPで動的コンテンツとして配布されるため、一般的な静的サイト(.html拡張子など)より低速になりがちです。我々は幾分かに渡って全体を静的化にするという大胆な目標を試みてきましたが、結果として成し遂げられませんでした。


そこで我々はPHPを極限まで削減した擬似的仮想静的コンテンツ化という仕組みの導入に成功しました。Nginxリバースプロキシ構成でキャッシュに関わらずリーズナブルな仕上がりです。コードも見直し、いくつもあるPHP/HTML構文を排除し、PHPで出せる部分は全てECHO関数で排出することにしました。

<?php
if ( have_posts() ) {
while ( have_posts() ) {
the_post();
if ( wp_is_mobile() ) {
$counter++;
$thumb = get_the_post_thumbnail($the_ID, ‘thumbnail’);
} else {
$thumb = get_the_post_thumbnail($the_ID, ‘post-thumbnails’);
}
echo ‘<article class="articles" itemscope="" itemtype="http://schema.org/BlogPosting"><a href="’.get_permalink().’"title="’.get_the_title().’"><figure>’.$thumb.'</figure><h2>’.get_the_title().'</h2></a><div class="articles-info"><ul><li><time datetime="’.get_the_date("c").’" itemprop="datePublished">’.get_the_date().'</time></li><li>射精:’.get_comments_number().’回</li><li style="float:right; margin-right: 0 !important;">’.get_the_category()[0]->cat_name.'</li></ul></div></article>’;
}
} else {
}
?>


問題視されていたリソース処理に時間がかかるCSSも大胆な改善策を見つけました。それは、外部.cssファイルを一切読み込ませず、直接HTMLに記述するという奇抜なインライン化発想です。

スクリーンショット 2015-11-20 15.00.56

また、header.phpやsidebar.phpなどを削除し、各ページごとに一つのPHPとして個々に独立させた負荷分散にも成功しました。エロジンを構成するファイルはたったの3つで、index.php、single.php、category.phpとなります。これはWordpressでは推奨されていない、独自の全く新しいスタイルになります。


1671131-poster-1280-jony-ive

結果的に以前と比べ平均13%のコストを削減に成功し、Googleの推奨するページInsiderではPC/スマホ両方でオールグリーンと高得点を取得、GTMetrixでは過去最高得点をマークしました。 goo
goopc
gtm

今後の方針

コメントボタンの成果が現れ多い記事では300件を超えるほどになりました。しかしその裏ではデータベースの負担が増え、延遅や中止などのエラーが明るみになってきました。そこで次回はコメント欄を現在の掲示板風ではなく、2008年ぐらいにやっていたアルファルファモザイクのようなランキング形式にすることにします。一見簡単そうに見えますがセキュリティを考慮するのでデータベースそのものをコメント用に新しく作らなければなりません。早くて来年冬季に完成予定です。

完成予定図
順位 投票内容 投票数
1 抜けたよ! 34
2 抜けない! 12
3 アフィ「できらぁ!」 9
3 めちゃシコ勃起リーノ 9
4 勃起だけしたよ! 3
5 抜けませんでした 1
概要とその他