千年に一度だけ保存しておいた画像を掲載する記事

投稿日時
更新日時
カテゴリ三次元
画像枚数140枚
月間PV1689
良い5
悪い5
タグ

EIZOを破壊したためFPSはしばらくやっていません。しかしアンインストールはしません。消すと逆にやりたくなって再インストールしてしまうのがオチです。あえて身近に置いておくことで不思議とやらない気になれます。PS3のGT5の時もそうでした。あのゲームはそこまでハマりませんが時間が経ってもまたやりたくなる系です。

売ってしまうと買ってしまうのであえて手元に置いておくのが一番やらずに済む方法。なんちゃらのパラドックスですね。課金ガチャのような。絶対に当たらなければ一切課金しないが、稀に当たると何度もやってしまうというアレです。チンポも一時いっときだけ勃起不全になればオナニーしなくなるんでしょうか。正直オナニーに抵抗を感じるようになりました。

コメント欄はまだ復活できていません。コメント専用に一時期別サーバでテストしてみたんですが、ローカルでは無いので反映に3秒以上かかりました。ローカルにすると負担がかかってしまいます。早めに復活させたいと思います。

Nginx MariaDB 最適化

しばらくサーバ環境を放置していたのですがアナリティクスでサイト速度を見ると、とんでもなく悪化していました。

analytics site speed check

1/140
0

私自身も当然エロジンでオナニーしますが、やはりスマホでサーバ速度のわずかな時間さは見抜けません。ほんの少しだけ違和感はありました。でもまぁ大丈夫だろうと普通に流れていく日常に無理して馴染ませました。

Nginx.conf

worker_processes 4;
+ worker_cpu_affinity 1000 0100 0010 0001;
- worker_connections 2048;
+ worker_connections 10240;
- worker_rlimit_nofile 4096;
+ worker_rlimit_nofile 20480;

以前このようにしていたのですが、Linuxのリソース制限をすっかり忘れていました。
ulimit -aで確認すると1024のままでした。下記で変更。ただし再起動時に初期化されてしまうのであまり意味はありません。

ssh

ulimit -n 20480

/etc/my.cnf.d/server.cnf

[mysqld]
# 恒例のUTF8
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci

# 重要 高速化プラグイン、この一行いれるだけで効果絶大
plugin-load = handlersocket.so;semisync_master.so;semisync_slave.so

bind-address=127.0.0.1
skip-name-resolve

# 低い 初期設定でも可。メモリに余裕があれば256MBで十分
key_buffer_size = 512M

# 低い 入力データ保持のための最大バッファサイズ。大きなファイルを入出力する際に必須
max_allowed_packet = 1M

# 普通 テーブルを開く際に仕様するキャッシュ、I/Oタイムを減らすのに有効。
table_open_cache = 512

# 低い ORDER BYやGROUP BYのクエリ速度
sort_buffer_size = 2M

read_buffer_size = 2M
read_rnd_buffer_size = 8M
myisam_sort_buffer_size = 64M
thread_cache_size = 8
query_cache_size = 32M
thread_concurrency = 8

# 重要 InnoDBのバッファプール、OSキャッシュに強く依存、使用可能メモリの80%
innodb_buffer_pool_size = 1024M

# 普通 正式なログファイルの最適化があるが極めて面倒
innodb_log_file_size = 128M

# 普通 低いほうが良い
innodb_log_buffer_size = 4M

innodb_flush_log_at_trx_commit = 1
innodb_support_xa=1
innodb_log_files_in_group = 7
innodb_autoextend_increment=64

# テーブルごとにテーブルスペースが作成される
innodb_file_per_table

重要なのはinnodb_buffer_pool_sizeでどの解説サイトにも公式にも書いてありますが使用可能メモリの80%を指定すること。『使用可能』のですのでコンピュータスペックそのものの80%ではありません。初期設定では2GBほどにしていましたが重かったため1GBにすると結構早くなります。

後日すぐに結果が現れました。

analytics site speed checked result

2/140
0

いくらチューニング最適化しても2017年1月に計画しているWordpress脱退完全静的化が実現されればデータベースにアクセスしないので不要なんですが、いろいろイジクルのは楽しいですね。ちなみにアクセス数は日平均50万と良くも悪くも至って健康です。

analytics site PV
3/140
0

こいつら暇すぎワロタっっっっっww

同時接続人数70、総勢300人以上の人たちが何時間、いや何日間も掛けてオンラインゲーム『マインクラフト』で協力して何か作っている動画。再生時間6分から最下層までいき水や溶岩を巻いて遊んだりしている姿が楽しそうです。それにしても70人もリアルタイムで繋がれるのは良いですね。

Apple campus2


apple campus2
4/140
0

私の部屋が観葉植物だらけなキッカケとなったこちらの完成予定画像。新拠点とされていたが、Campusということは学校である、円の部分が校舎でまた周りにいくつかあるのが会社。ここから豊田市のようにAppleCityになったりして拡大していくのであろう。なにせ学びの園となるので、Appleの未来は明るいですね。小さな端末iPodから始まってここまで大きくなるとは。私もこのような物を築きたいですが年齢と知能的にもう遅いです。

Enjoy Pictures Section was Today in my local saved.


5/140
0

6/140
0

7/140
4

8/140
0

9/140
0

10/140
0

11/140
0

12/140
0

13/140
0

14/140
0

15/140
0

16/140
0

17/140
0

18/140
0

19/140
1

20/140
0

21/140
0

22/140
0

23/140
0

24/140
0

25/140
0

26/140
0

27/140
0

28/140
0

29/140
0

30/140
0

31/140
0

32/140
0

33/140
0

34/140
0

35/140
0

36/140
0

37/140
0

38/140
1

39/140
0

40/140
0

41/140
0

42/140
0

43/140
0

44/140
0

45/140
0

46/140
0

47/140
0

48/140
1

49/140
0

50/140
0

51/140
0

52/140
1

53/140
0

54/140
0

55/140
0

56/140
0

57/140
0

58/140
0

59/140
0

60/140
0

61/140
2

62/140
0

63/140
0

64/140
0

65/140
0

66/140
0

67/140
0

68/140
1

69/140
0

70/140
0

71/140
0

72/140
0

73/140
1

74/140
1

75/140
0

76/140
0

77/140
0

78/140
0

79/140
0

80/140
0

81/140
0

82/140
1

83/140
0

84/140
0

85/140
0

86/140
0

87/140
0

88/140
0

89/140
0

90/140
0

91/140
0

92/140
0

93/140
0

94/140
0

95/140
0

96/140
0

97/140
0

98/140
0

99/140
0

100/140
0

101/140
0

102/140
0

103/140
0

104/140
0

105/140
0

106/140
1

107/140
0

108/140
1

109/140
0

110/140
0

111/140
0

112/140
0

113/140
0

114/140
0

115/140
0

116/140
0

117/140
2

118/140
11

119/140
14

120/140
0

121/140
1

122/140
1

123/140
0

124/140
0

125/140
0

126/140
0

127/140
0

128/140
0

129/140
0

130/140
0

131/140
0

132/140
0

133/140
0

134/140
0

135/140
1

136/140
0

137/140
0

138/140
0

139/140
0

140/140
1