【ギャルの無修正オナラ動画】とその日保存した普通の画像を表示する記事

投稿日時
更新日時
カテゴリ三次元
画像枚数167枚
月間PV2392
良い4
悪い3
タグ

ハローワークへ行ってきました。あらかじめ調べておいた求人番号6つの内、既に採用が決まって募集停止が1件、募集人数に対し応募者数(倍率)2倍が2件、女性限定(法律上女性限定と記されない)が1件で残る求人は介護・警備員という鼻くそみたいな形になりました。鼻くそをほじった際に鼻くそに鼻毛が2本付着していたようなケースです。また、同じ鼻毛でもかなり対照的です。

介護なら利点は嫌でも人と会話することになるので、引篭りには無かったコミュニケーション能力が高められます。汚点は、未経験なのでよくわかりませんが、精神的にシンドイところです。警備なら利点は、直立・歩行している事が多いので、座ることがないので腰痛予防になります。夜勤で誰とも遭遇しないので精神的にも楽です。ただ、結果的に人と話さないので、引きこもっているのとあまり変わらないのではないだろうかという汚点があります。紹介状だけ貰って保留(放置)することにします。

ちなみに他にはWEBデザイナーとかあったんですが、ポートフォリオ(自分で見せるために用意したサイト)を持ってないので、これだけ応募者数がいれば、持ってる人が優遇だろうという理由で辞めました。WEBデザイナーとして応募したことは何件かあったんですが、私の考えるような軽いものではありませんでした。いくらSEO対策やHTMLコーディングやPhotoshop加工できても、企業に務めるWEBデザイナーは、大企業の千万円単位のデカいサイトをそれぞれチームで作業分担や設計などみんなの意見を合わせた上で作り上げられます。

個人が、「白背景黒字が一番見やすくてシンプルで良い」と言っても、色々な人種の奴らがいるので食い違いが勃発します。今まで一人でやってきたせいで、他の意見を聞き入れられず、浮き彫りになってしまいます。会社も学校も、大人も子供も、いじめられっ子はでてくるものです。

久しぶりに部屋の観葉植物をじっくり観察していると、比較的日に当たらない葉は緑色から薄い白色に弱っています。無意識に置いた角度でその葉の人生は大きく変わります。葉に意識は無いので自分ではどうすることもできません。運が悪かったのか、そういう宿命だったのか、彼らは考えることすらできません。私の場合は意識はあって考えることができても、立ち直ることができません。せめてちんぽこだけでも立ち上がろうと

エロ動画特集

かなり高級なギャルの赤恥面した生ケツドアップ屁ブッー! Japanese Ass hole as Bomber Storm

まずは下着装着から、01:33から生ケツ。

ギャル, オナラ, 無修正




コーヒー牛乳みたいな武藤クレアのレモネードマン汁ジュース

立体感のあるオッパイと鈴木奈々に似た雰囲気が特徴の黒ギャルAV女優武藤クレアの3P

武藤クレア, 黒ギャル, 無修正

Photonが効かなくなった時の対処法

夜中に脇汗びっしょり焦った話。
エロジンでは大量の記事画像を軽量化・最適化という名目でPhotonを使用していますが、本来の趣旨は転送料を削減するためです。AWSではサーバ料金がパケホーダイでは無く、従量課金制で使ったら使った分だけ料金がかかります。それを補うためにWordpressプラグインPhotonを利用しているんですが、今回のアップデート時で無効化されていました。

有効の場合画像URLがhttp://i1.wp.com/erozine.jp/imgfile1.jpgという風に冒頭に変な文字列が付け加えられます。これのおかげで外部URLから読み込めるんですが、なんとなくソースを見たらそれが付いていませんでした。


AWS料金マネージャーを見ると転送料だけで気づくまでの6時間だけで$120を超えていました。一日遅れていれば$360と5万円ほど無駄になってしまうところでした。


どうやらPhotonはPHPテンプレートのget_content()関数にのみ反応するそうです。軽量化のために私は全HTMLをecho出力していました。HTMLに散らばったPHP構文を無くしPHP構文を一つにすることで軽くなるのではないかという思い込みですが。それで記事はget_the_content()にしていました。記事ループを全てecho出力してしまったために直すのに2時間ほど掛かりそうでしたが、下記コードでなんとかなりました。


echo '<article>'.get_the_content().'</article>';

echo '<article>'; ?> <?php the_content(); ?> <?php echo'</article>';


一々PHPで囲まないと500サーバエラーを返されます。確認するとあっという間にi1.wpが付与されて外部読み込みに元通りになりました。しかし説明も設定も何一つないPhotonに頼り続けるのは精神的にしんどいので新しい方法を考えることにします。

Pictures 167my

01
1/167
1

02
2/167
1

03
3/167
2

04
4/167
0

05
5/167
0

06
6/167
0

07
7/167
0

08
8/167
0

09
9/167
0

10
10/167
0

11
11/167
0

12
12/167
0

13
13/167
0

14
14/167
0

15
15/167
1

16
16/167
0

17
17/167
0

18
18/167
0

19
19/167
0

20
20/167
0

21
21/167
0

22
22/167
0

23
23/167
0

24
24/167
0

25
25/167
0

26
26/167
2

27
27/167
1

28
28/167
0

29
29/167
0

30
30/167
1

31
31/167
0

32
32/167
1

33
33/167
0

34
34/167
0

35
35/167
0

36
36/167
0

37
37/167
0

38
38/167
1

39
39/167
0

40
40/167
2

41
41/167
0

42
42/167
0

43
43/167
1

44
44/167
2

45
45/167
0

46
46/167
0

47
47/167
0

48
48/167
0

49
49/167
0

50
50/167
1

51
51/167
0

52
52/167
0

53
53/167
0

54
54/167
0

55
55/167
0

56
56/167
0

57
57/167
0

58
58/167
0

59
59/167
0

60
60/167
0

61
61/167
1

62
62/167
1

63
63/167
0

64
64/167
1

65
65/167
0

66
66/167
0

67
67/167
0

68
68/167
0

69
69/167
0

70
70/167
0

71
71/167
0

72
72/167
0

73
73/167
0

74
74/167
0

75
75/167
0

76
76/167
0

77
77/167
1

78
78/167
0

79
79/167
0

80
80/167
1

81
81/167
0

82
82/167
0

83
83/167
0

84
84/167
0

85
85/167
0

86
86/167
0

87
87/167
0

88
88/167
0

89
89/167
6

90
90/167
0

91
91/167
0

92
92/167
0

93
93/167
0

94
94/167
1

95
95/167
0

96
96/167
0

97
97/167
0

98
98/167
0

99
99/167
0

100
100/167
0

101
101/167
0

102
102/167
0

103
103/167
1

104
104/167
0

105
105/167
0

106
106/167
1

107
107/167
0

108
108/167
1

109
109/167
0

110
110/167
1

111
111/167
0

112
112/167
0

113
113/167
1

114
114/167
0

115
115/167
0

116
116/167
0

117
117/167
2

118
118/167
0

119
119/167
0

120
120/167
0

121
121/167
0

122
122/167
0

123
123/167
1

124
124/167
0

125
125/167
0

126
126/167
0

127
127/167
0

128
128/167
0

129
129/167
0

130
130/167
2

131
131/167
0

132
132/167
0

133
133/167
0

134
134/167
0

135
135/167
0

136
136/167
0

137
137/167
0

138
138/167
1

139
139/167
0

140
140/167
0

141
141/167
0

142
142/167
0

143
143/167
1

144
144/167
0

145
145/167
0

146
146/167
0

147
147/167
1

148
148/167
2

149
149/167
0

150
150/167
0

151
151/167
0

152
152/167
0

153
153/167
0

154
154/167
1

155
155/167
2

156
156/167
0

157
157/167
0

158
158/167
1

159
159/167
1

160
160/167
0

161
161/167
0

162
162/167
0

163
163/167
0

164
164/167
0

165
165/167
0

166
166/167
0

167
167/167
0