ただ来て帰るだけの学校生活に大きく変化が訪れるも、彼自身が自覚していないだけだった

eromanga/autumn_color_deep_forest_boyのサムネイル画像
3341162027
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
136103247204915791865

物を大事にするのは良いことかもしれませんが、買ったばかりのものを傷つけないよう優しく接するのは間違っていると思っています。物は利用するためにあるので放置して使わないとモノとしての役割が途絶えてしまいます。そして使えば傷ついて劣化して壊れてら新しいものに変えなければなりません。その度にお金が発生しないよう今度は高めの製品にすると、また最初だけ大事にしたいエナジーが湧いてしまいます。そういう循環は若いうちは良くなりますが老けていくと慣れてきて、物はすぐに壊れるものと認識されるようになり、安くても長持ちするものを見極める力が湧いてきます。使えば使うほど、汚れていきますが、使わなければピカピカのまま、それはものだけでなくお部屋も同じです。お部屋もお片付けが面倒なら、お部屋を使わずにすればよいのです、生きていなければ汚す必要はありません。戦争は憎しみと悲しみを生むと云われていますが、それは中途半端に終わらせるからです。ザリガニを中途半端に砕くとある程度生きていて苦しい感じになると思います。それと同じニュアンスで戦争でヒトを全滅させてしまえば悲しむヒトも憎しむヒトもいません。地球が生命を生む前の状態は誰も意識が無いので、誰かが生まれて意思を持つまでの間はまさに一瞬なのだ。

作品名:

秋色

作者:奥森ボウイ
プレビュー数:20
備考:続きは書店にてお買い求めください。

夏休みが明けた二学期シーズンに誰とも口を聞かず平穏な日々を送っていた彼は突然現る秋色っぽい女子と目が合う。それは終わりの合図でもあったのだったのであったのだ。

1/20

2/20

3/20

4/20

5/20

6/20

7/20

8/20

9/20

10/20

11/20

12/20

13/20

14/20

15/20

16/20

17/20

18/20

19/20

20/20

抜けた
33
41
感動
16
意味不
2
胸糞
0
萎えた
27
保存

この記事へのコメント

凄くいい話だけど射精して昇天は笑う

1 / 11

ID: 9fb21727
reply

俺の息子のより先に昇天された…

2 / 11

ID: d90e79ce
reply

なける

3 / 11

ID: 310e3d23
reply

赤面している紅葉ちゃんに迫りながら「名前みたいに赤くなっちゃて」言うのがすこ

4 / 11

ID: f8f63ef3
reply

Angel Beats!の「俺が結婚してやんよ」みたいな終わり方してるなお前な

5 / 11

ID: 4fcace5d
reply

こういう子は逆にスカートもう少し長い方が可愛いに決まっとる

6 / 11

ID: e5c2d5b5
reply

ヒィいいぃ!!!制服残っとるぅっ!!怖い怖い!!

7 / 11

ID: 69e3fdb6
reply

男が透けても、子宮口なんて見えないだろうにいい話だ。

8 / 11

ID: 7989a078
reply

管理人のまともに見せかけて暗黒面に落ちる日記好きよ

9 / 11

ID: 819ea862
reply

#14黒縁 黒緑 ・・・?

10 / 11

ID: 545fe511
reply
ななし

これは泣ける

11 / 11

ID: 7f4030
reply
評価を受け付けました

本文は2字以上、400字以内
名前は空欄可、20字以内

関連記事