田舎の褐色JC、「一人で遊んでいたのか」という問いに当たり前田のクラッカーと言わんばかりに脱ぎだす

18612505
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
10000000

今日は昨日の残りの朝ヨーグルト、昼すき焼き、夜バナナであった。

作品名:

ボクが遺したい

作者:大豪国王安敦
プレビュー数:20
備考:続きは書店にてお買い求めください。

1日1本バスが通るポツンとバス停にひょっこり現れし褐色のオサゲ。彼女は幼馴染で、昔玩具を膣にぶち込んでやってらハマったという。以来、ひとりでいつもそうゆう遊びに嗜んでいるというのだ。

1/20
3

2/20
1

3/20
0

4/20
0

5/20
1

6/20
0

7/20
0

8/20
1

9/20
1

10/20
0

11/20
1

12/20
0

13/20
0

14/20
0

15/20
0

16/20
0

17/20
0

18/20
0

19/20
0

20/20
2

関連記事