一発やった女のことが忘れられず、それ以来明かりをつけて待ち続ける精神がおじさんの若者

eromanga/eat_in_saramadeのサムネイル画像
118119712
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
00347228962113151

突然頭の天辺に突起物がでてきて触ると痛い痛いなのだ。調べてら老人性疣贅いぼというやつらしく、枕の臭い臭いが原因なのだ。

作品名:

食べるならいっそう皿まで

作者:cuvie
プレビュー数:18
備考:続きは書店にてお買い求めください。

此の春一人暮らしを初めて俺の家に住み着いてきたコンビニアルバイターの彼女は廃棄の弁当を彼の家で食べるのが日課だった。そんな彼女と一晩寝た男子大学生は毎回部屋の明かりを付けておいて起きているアピールすることで、また彼女がやってくるかと期待していたところ、きたのだ。栄養の低い弁当ばかり食べていてはと注意を喚起するとなにかお返しがしたいと言うので何も作らずに彼女を食すのだった。

1/18

2/18

3/18

4/18

5/18

6/18

7/18

8/18

9/18

10/18

11/18

12/18

13/18

14/18

15/18

16/18

17/18

18/18

関連記事