期間限定の最高級ブランドJK制服は3年間だけ『コスプレ』対象にならない

304573301

色々な豚汁がありますがYouTubeのこじまぽんすけのごぼうを出しに使った蒸す方法が一番美味しいです。豚バラは豚バラブロックを買っていい包丁で切ってったほうが新鮮で美味しいです。

作品名:

ギャルから学ぶイイ方法

作者:藤丸
プレビュー数:22
備考:続きは書店にてお買い求めください。

そう豪語するのは素行は悪くても成績優秀のため文句のつけようのないインナー金髪JKは援助交際と疑わしき現場を同クラスの男子生徒に目撃され、口止め料として勉強を教える羽目となった。

1/22
11

2/22
9

3/22
6

4/22
3

5/22
5

6/22
7

7/22
7

8/22
6

9/22
7

10/22
2

11/22
4

12/22
4

13/22
9

14/22
2

15/22
1

16/22
6

17/22
6

18/22
8

19/22
1

20/22
7

21/22
9

22/22
10

抜けた
304
5
感動
73
意味不
3
胸糞
0
萎えた
1
保存

この記事へのコメント

いい!

1 / 42

ID:cf308e
reply

さすが藤丸

2 / 42

ID:af5904
reply

失敬、涙が

3 / 42

ID:540600
感動3人目
reply
おまんぽこん

はくしゅ。

4 / 42

ID:2a5ac2
感動3人目
reply

最高

5 / 42

ID:854376
感動3人目
reply
失敬、涙が

いい!さすが藤丸最高。はくしゅ

6 / 42

ID:4e94cd
意味不1人目
★1
reply

最近更新多くて嬉しいゾ

7 / 42

ID:16f339
reply

藤丸は神

8 / 42

ID:613f57
reply

藤丸愛してる

9 / 42

ID:80e4b5
reply

井手マッチョやなぁ……

10 / 42

ID:e3aa63
reply

なんだよいい話かよ

11 / 42

ID:9f583d
reply


 藤
  純
   一
    最
     強
      !

12 / 42

ID:f99030
reply

おお、さすが藤丸だなぁ

13 / 42

ID:e1257f
reply

ガチ神

14 / 42

ID:fd5081
抜けた23人目
reply
ツイブレ仮面

トゥクン…

15 / 42

ID:c674c6
感動12人目
reply

親孝行も
将来役にたつもの
ついでに私の思惑も
ぜんぶ叶える
イイ方法

16 / 42

ID:47dd10
reply

よき!

17 / 42

ID:7802c7
感動16人目
★5
reply
名無し

いいですね!!

18 / 42

ID:c7f8da
reply

気分いいわ

19 / 42

ID:ea5282
抜けた59人目
reply

さすが藤丸
やっぱり藤丸

20 / 42

ID:d0ae5c
抜けた62人目
reply

最高すぎる

21 / 42

ID:fe44ab
reply

泣いた

22 / 42

ID:53d5c4
抜けた65人目
reply

この作者はストーリーがいいんだよなぁ

23 / 42

ID:f08b65
reply

でも売女なんだよなぁ…

24 / 42

ID:1165ec
reply

本当に藤丸先生は話が素晴らしい

25 / 42

ID:b24916
reply

違法サイトのくせにサボるな

26 / 42

ID:117371
reply

この作者の話毎回中古なんだよなぁ

27 / 42

ID:ab7bc1
reply

えっちすぎる

28 / 42

ID:4e0ad6
reply

!強最一純藤加

29 / 42

ID:b54617
reply

なんだ。感動するマンガ読みにきただけだよな

30 / 42

ID:d97c22
reply

いいね

31 / 42

ID:e86bb2
reply

雰囲気で惑わされるが
よく考えると微妙なストーリー

32 / 42

ID:835816
草5人目
reply

コワイ。デキ婚や(;゙゚’ω゚’):

33 / 42

ID:beb2e1
reply

僕がこの漫画で泣いたのは、つい先月のことだ。大学の同じサークルの女の子からこの漫画を教えてもらった。
『ウチめっちゃこれでおなったから、あんたもこれ見てみ?』と。どうせ女がオナったものなど、、、と思いつつ読んでみると。まぁ、チンコ勃った。抜いた。泣いた。漫画で泣いたというよりか、彼女の掌の上で踊らされていたようで悲しくなったのだ。次の日、案の定、彼女にどうだったか問いただされた。僕は黙秘した。彼女は笑った。僕は泣いた。彼女に笑われたからではない。彼女がその時着ていた服が余りにも露出が多くてチンコが勃ってしまったのだ。つづく。

34 / 42

ID:417563
抜けた185人目
reply

>>34
続きキニナル

35 / 42

ID:3bd06d
reply
純愛紳士残党

同じくキニナル>>34

36 / 42

ID:eb5b1f
感動52人目
★5
reply

『へぇー、思ったより大きいんだ。』
僕のチンコが勃っていることに気づいたのだろう。ニヤニヤしながらこちらを見ている。今すぐ帰りたい。どうせサークルのみんなに笑われるのがオチだ。女性の前でいきなりチンコ勃たせているのだから、それはいい笑いものだろう。目からまた熱いものが込み上げる。いつもそうだ、泣き虫な僕。そう思っていた矢先。『うわぁ…カッタこのチンポ、めっちゃいい形してるし。超タイプなんだけど笑』その時僕は頭が真っ白になった。彼女が僕の、僕のチンコを…、定規で測っていたんだ。つづく

37 / 42

ID:8772f9
reply
純愛紳士残党井手派

そこ!自分も気になりました。イイ身体だよね井手クン>>10

38 / 42

ID:01c763
感動60人目
★5
reply

最高

39 / 42

ID:c1ddfa
reply

>>37
続き待ってるぞ

40 / 42

ID:93f04b
reply

???「お前はなんでも知ってるな」
???「何でも走らないわよ、知ってることだけ」
↑このやり取りってあれだよな、

41 / 42

ID:7462a1
reply

『ねぇねぇ、なんでこんなデカいの持ってんのに女いないの??』
そう言うと彼女は手で指輪っかを作ってニヤニヤしている。いいだろそんなこと、と僕は図星ではあったものの、この現状に興奮していた。定規でチンポ測られたけど…。『へぇー、まぁアンタがどうしてもって言うならしてやってもいいけどー?』言いながら彼女はその輪っかを僕の竿に近づけてくる。差したい差したい差したい。僕は勢いに任せて腰を前に突き出してその穴目掛けて一直線!!だが、その穴目掛けて突き刺した槍は、惜しくも穴の淵に激突してしまった。マンコの穴の位置も分からなければ、手マンコの穴の位置もわからないのか僕は…。童貞丸出しだった。

42 / 42

ID:0e2507
reply
評価を受け付けました

本文は2字以上、400字以内
名前は空欄可、20字以内

関連記事