仕事を辞めてふらつき歩いて気づけば先住民と暮らしていた一般男性

41356825
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
2329443400.028288.03.022.023.0

4,950円(税込)を払うだけの価値はあるNIKEのTシャツを購入したのです。もともと返品目的で購入していましたが、とっても分厚くて頑丈で長持ちしそうだったのでレシートを捨てておきました。乾きづらく重いですが、こういうのがすこなんだ。

作品名:

楽園

作者:富士やま
プレビュー数:20
備考:続きは書店にてお買い求めください。

広いおでこと肩幅が印象的なロマ氏は、先住民で褐色ロリのテフラさんとエッチ三昧を満喫。長い旅をしている彼を心配してきた弟からの手紙を読んで帰ろうと悩み森へ深く侵入してしまう。その森はトゥパパウという死んだヒトの悪霊のことで、闇に包まれた森の奥で数を増やし人間様の魂を喰らうというとんでもない化け物であるのだ。

1/20
1

2/20
0

3/20
0

4/20
0

5/20
1

6/20
0

7/20
0

8/20
0

9/20
0

10/20
0

11/20
0

12/20
0

13/20
0

14/20
0

15/20
0

16/20
0

17/20
3

18/20
2

19/20
2

20/20
0

抜けた
41
3
感動
5
意味不
68
胸糞
2
萎えた
5
保存

この記事へのコメント

トゥパパウの設定必要??

1 / 20

ID:277b26
reply

死霊が嫁に乗り移ってすごくエッチになる流れにしとけばいいのに

2 / 20

ID:bb8789
reply

いらぬ

3 / 20

ID:36d621
reply

トゥパパウに食われてる最中とかそういうこと?全然わからん

4 / 20

ID:b0f70d
reply

絵、めちゃめちゃかわいいのに、
話が意味不明。
この子との初夜や、ラブラブ生活とか書けば神なのに。

5 / 20

ID:b3932c
reply

最後のホラーは萎えるわ
オチが普通に怖いやつはぬいたあとぞわっとくる

6 / 20

ID:010bac
抜けた5人目
★5
reply

トゥパパウの親戚のビゥルルウにも気をつけなあかんで

7 / 20

ID:bc70cf
reply

イク!

8 / 20

ID:50aead
reply

トゥパパウとトゥパパウする展開でもよかった

9 / 20

ID:0928ba
reply

>>8
yrffthkj,

10 / 20

ID:7f6bec
reply

野生その物の暮らしなのに買い物って制度があるのか

11 / 20

ID:ac3468
reply

寝取られ展開だと熱かった

12 / 20

ID:8692cb
reply

オチいる?

13 / 20

ID:1cb1e6
reply

この作品のモデルとなっているタヒチ島の少女はゴーギャンの若き現地妻であるテハアマナである。ゴーギャンの話によると、ある日ゴーギャンが夜遅く家へ帰ったところ、部屋にいたテハアマナは動かぬままベットに打つ伏せていながら死靈に怯えていた。

その光景を絵にしたのが、この《マナオ・トゥパパウ(死霊が見ている)》である。芸術歴史学者のナンシー・マシューズは、本作をゴーギャンが1889年から創作し始めた「怯えたイブ達」という名のシリーズ作品の1枚として認識している。

14 / 20

ID:b3e5b9
reply

絵の主題は、ゴーギャンの若い妻テハーマナ(彼の手紙の中でテフラと呼ばれている)であり、ゴーギャンによれば、彼が夜遅く帰宅した時に彼女が死霊を恐れて恐怖に陥っていた。

15 / 20

ID:b3e5b9
reply

↑はえ〜、博識ニキありがとう

16 / 20

ID:69697b
reply

エロ可愛いけど文化に合わせる気もなく「少しくらい平気だよ」とほざく主人公が不快

17 / 20

ID:6537fd
reply

野生そのものの暮らしなのに、都会からの手紙は届くのか…
郵便が通ってて住所もあって、買い物文化(通貨が通用する)もあり、ランタンまで用意出来る暮らしって野生そのものじゃない気がする

18 / 20

ID:280e4f
reply

>>7
は?

19 / 20

ID:ccecf9
reply

絵はいいがグランプリの上位に入るね

20 / 20

ID:ce9cd6
reply
評価を受け付けました

本文は2字以上、400字以内
名前は空欄可、20字以内

関連記事