普段から顔が真っ赤でフラフラしている図書館の巨乳先生は小説を読んだだけで情緒不安定になる変態だった

eromanga/mitasarete_toroketaiのサムネイル画像
3594416
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
6000000

将来は血統書付きのボーダーコリーが欲しいと思っていたが、この頃風化してきたのだ。おいどんのような劣等種が、さぞかしボーダーコリーなんぞと。大阪の太ったおばちゃんがルイヴィトンのバッグを背負っているようなニュアンスであるのだ。

立派な親から受け継いだ遺伝子を持つ犬じゃなきゃ犬は飼わないという考え方は、犬にとっては理不尽である。昔からモノに対する執着やこだわりが強かったが、動物となってくると相対的に見なければならないのだ。モノは誰が使おうと絶対的なモノでしかないが、動物は彼ら自身も主観を持っていて奴らも選ぶはずなのだ。かといって保健所から拾ってきて、案の定言うことの聞かない、うるさい犬になろうもんなら、やっぱりなとため息と同時に山に捨ててくるのが関の山である。

良いお嫁さんが欲しいなら、自分自身を変えなきゃならないのと同様、良い犬を飼いたいなら、自分自身を変えるしかないのだ。それができないようじゃ保留、もしくは考えを破棄して改ため、別の方向に進むんだ。自分に合った物を選ぶのだ。隣の芝生は青いので他の人の持ってるものはよく見えるが、自分に合うものがいつか必ず見つかるはずであるのだ。未来はずっと明るいはずなのだ

作品名:

満たされて、とろけたい

作者:もものユウカ
プレビュー数:18
備考:続きは書店にてお買い求めください。

篠原まりあ先生は図書室で本を整理している。少年が当番のときに限って、顔を真赤にしていて身体が弱いのかと気にかけると、ふらついて倒れてしまう。介抱していると先生の股間からにゅぽっとピンクローターが出てくるのだった。

1/18

2/18

3/18

4/18

5/18

6/18

7/18

8/18

9/18

10/18

11/18

12/18

13/18

14/18

15/18

16/18

17/18

18/18

関連記事