気とアソコが小さい臆病な少年は5年ぶりに逢う幼馴染のお兄さんに飛びつくとムニュンと弾き返される

eromanga/myosananazimiのサムネイル画像
1441040735
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
152976525654924104561

山積みになっていたブログ記事のステータス「下書き」、「削除」、「保留」などの未公開記事をすべて「0」という値にしました。公開が「1」で1以外は表示しないようSELECT status FROM ErozineDB where status 1みてぇな感じでおじゃる。文字列より数値のほうが、データベースの検索はわずかですが速くなっていきます。

そして、下書きにしていた記事を過去記事の日付のままで公開しました。いつまでも下書きのまま残すのと記事に失礼だと思ったのです。

作品名:

僕の幼馴染

作者:箕山
プレビュー数:26
備考:続きは書店にてお買い求めください。

時々怒ると怖いこともあったので、お兄ちゃんと呼ばれていたちーちゃんは、5年の月日が立ち、おっぱいが成熟しお姉さんとなっていた。川遊びをしてびちょびちょになった二人は着替えるために誰も居ない古びた納屋に入ってシャワーを浴びるも、くにっとちんぽが立つ。

1/24

2/24

3/24

4/24

5/24

6/24

7/24

8/24

9/24

10/24

11/24

12/24

13/24

14/24

15/24

16/24

17/24

18/24

19/24

20/24

21/24

22/24

23/24

24/24

関連記事