下着をつけずにお祭りに参加する淫乱な女子高生は担任の教師をマンチラで誘ってしまう

911622019
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
40015526664.059564.09.032.0111.0

今日はベランダの窓が変だったので管理人に問い合わせて業者を呼んで直してもらいました。『今日は午後からのお仕事』ということにしたので、一応作業着を着てベルトも締めて靴下を履いて待機していたんですが、寝癖が取れてなくてニートっぽい顔立ちをしていたのでちょっと嫌な空気でした。

作品名:

夜祭

作者:ぱらボら
プレビュー数:20
備考:続きは書店にてお買い求めください。

女友達と二人でしょうもない花火のお祭りを歩いていると見回りに来ていた先生に見つかり注意される。綾香はそれとお付き合いしていたらしく、感の鋭く気の利くPUNKのTシャツをきた褐色は二人きりになるよう速やかに離れていった。先生と二人きりになりたいような合図をすると、「まだ見回りが残っている」という発言に対し、的はずれな返答になぜか納得する教師だった。

1/20
3

2/20
1

3/20
0

4/20
1

5/20
1

6/20
3

7/20
1

8/20
1

9/20
4

10/20
1

11/20
1

12/20
3

13/20
1

14/20
0

15/20
3

16/20
1

17/20
0

18/20
0

19/20
1

20/20
5

関連記事