肥らせた胸に秘めた憧れをフルボリュームで届けるべく、クレッシェンドの向こうへ行く

日付2022-03-14T23:36:00
分類
画像20枚
訪問数

ガンダムを見ていると無性にエヴァを見たくなったので14年ぶりくらいにアニメ版を全話観た。使徒の名はガブリエルだけ思い出せなかったのと、レリエルとアルミサエルを反対で覚えていた。リツコがなかなか重要キーワードを多く発言していることが印象的であった。あらゆるセリフが一語一句思い出せて懐かしかった。中世時代の人らが宗教や呪術を信じていたように、当時の儂もあんな特に深い意味のない、それっぽく見せるのがうまいアニメに取り憑かれていたのだ。現実逃避にはもってこいの代物である。しかし当方、小説にしてもゲームにしても作品における物語のオチというのはあまり気にしない、結局いち個人の作者の気持ちが踏み出ているので、いい具合にストーリーが進んでいってもラストを予想されるのをきらって、絶対に誰も予想できない展開に無理やりさせたがる傾向が私には解る身体。たとえば進撃の巨人は雌型の巨人あたりをもう少し工夫して終わらせ、ライナーは巨人であるべきではなかった。まる子もそのまま誰にも見られることなく死んだということで良かった。それで終わりのほうがリアリティがあって良かったが、後付けで実はあの時アニが〜とか要らなかった。これらも作者の暴走なので止むを得ない。序盤、中間あたりが一番おもしろかって、それで終わりでもいいがそれは自分でそういいう作品を作れるようになってから家。後知恵は良くないのだ。なのでどんな作品でもオチは求めないのだ。なので一生懸命平和のために働いてきたネルフ職員らが戦略自衛隊に焼かれても、全ては心の中で今はそれで良いのだ。

作品名:

季節のゆく先

作者:ザシャ
プレビュー数:20
備考:続きは書店にてお買い求めください。

吹奏楽部で肥らせたむちむちのケツを水泳部で曝け出す宮村あかねさんは、響ユーの高坂麗奈みたく大好きな先生を追っかけ入学したようだった。彼女持ちの男性教諭は彼女のお下劣な肉にがっついてしまいエスカレーター。

season_going_saki0
1/20
11
season_going_saki1
2/20
5
season_going_saki2
3/20
5
season_going_saki3
4/20
3
season_going_saki4
5/20
6
season_going_saki5
6/20
2
season_going_saki6
7/20
3
season_going_saki7
8/20
2
season_going_saki8
9/20
4
season_going_saki9
10/20
0
season_going_saki10
11/20
5
season_going_saki11
12/20
2
season_going_saki12
13/20
2
season_going_saki13
14/20
3
season_going_saki14
15/20
6
season_going_saki15
16/20
2
season_going_saki16
17/20
4
season_going_saki17
18/20
7
season_going_saki18
19/20
7
season_going_saki19
20/20
7
日付2022-03-14T23:36:00
分類
画像20枚
訪問数
最後までお読みいただき有難うございました
Thank you for watching until the end

似たような記事