レストランのウェイトレスは毛の生えてない少年の肉汁たっぷり濃厚ミルクシチューを召し上がる

167314204
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
9618484248.039253.016.032.094.0

読書していれば速読能力が身について何冊も読みまわして知識を豊富に身に着けようと思っていましたが、そうはなりませんでした。ランニングもガシガシ走っていればどこへ行っても疲れないタフになると思っていました。年のせいか結局何も変わらないのだ。

作品名:

ナイショのご奉仕

作者:森島コン
プレビュー数:21
備考:続きは書店にてお買い求めください。

おねショタばかり描いている森島さんの今回のお話は、近所のレストランのお姉さんをまじまじと窓から見つめる少年はエッチな欲望を抑えきれずいつも股間をごしごししていた。そんなある日、少年はそこのレストランでおめかしすることになったのだが、その理由はお母さんが一時間も渋滞にまきこまれたからなのだった。

1/21
5

2/21
1

3/21
1

4/21
0

5/21
3

6/21
3

7/21
5

8/21
4

9/21
3

10/21
1

11/21
2

12/21
2

13/21
5

14/21
4

15/21
1

16/21
1

17/21
2

18/21
1

19/21
4

20/21
30

21/21
3

抜けた
167
31
感動
4
意味不
2
胸糞
0
萎えた
4
保存

この記事へのコメント

見開きの表示方法とても良かったです

1 / 10

ID:cf08f65a
reply

最初らへん最高やないか 最後のショタが責めるのは好きじゃないなぁ

2 / 10

ID:d463d88c
reply

みんな違ってみんないい

3 / 10

ID:d9b24bdb
reply

ふーん、

4 / 10

ID:95731783
reply

ナイフとフォークが左右逆だろ

5 / 10

ID:8493fd2e
reply

最後のページ、スカート捲っても2階からじゃパンツ見えないよな

6 / 10

ID:54e12447
reply

ページおかしい

7 / 10

ID:68d90eb2
reply

ショタが攻めるのはおねショタではない。でも抜けた。くやしい

8 / 10

ID:301db291
reply

おねショタではない…だがいけた

9 / 10

ID:18366935
reply

この人絶対最後逆転させるw

10 / 10

ID:4a3c87
reply
評価を受け付けました

本文は2字以上、400字以内
名前は空欄可、20字以内

関連記事