陰キャJKが淋しさ故円の光を求めると意外にも人前で裸になることに抵抗を感じなかったと気づく

eromanga/youarenotalonebecauseenkoのサムネイル画像
363420039
todayweekmonthtimeOnPagebouncesentrancesexits
12814887624744611951127

女性はたとえ死刑宣告を受けようが、余命宣告されようが、ムダ毛は剃り続けるというゆるぎない信念を持っている。花で生まれた以上、死ぬまで、誰にも見られずとも美しさを維持するためのプログラムがコンパイルされているのだ。女性が女性らしさを失ったとき、それはカスパーゼに依存するアポトーシスとして死が待っている。

一方で男性は汗臭いスポーツマンで勇気にありふれたの男らしさを保たなくても、トランスジェンダーとして生き方を切り替えたり、プライドをさらっと捨てて開き直ったりするのでエゴイスティックを満喫できるのだ。論理的思考は男性にもロボットにもできるが、感情的で道徳を持つ女性は女性にしかできない。すわなち、女生とは最も人間らしい生き物であるのだ。

作品名:

ぼっちの私が円光したら

作者:しょーへい
プレビュー数:24
備考:続きは書店にてお買い求めください。

友達のいない陰キャな女子高生は寂しかったので出会い系で援助の交際を求めた。初めて見る大人のおじさんの男根に頬を赤くしつつ初々しいフェラで逝かせると満面の笑みを浮かべるのだった。

1/24

2/24

3/24

4/24

5/24

6/24

7/24

8/24

9/24

10/24

11/24

12/24

13/24

14/24

15/24

16/24

17/24

18/24

19/24

20/24

21/24

22/24

23/24

24/24

関連記事