この春、中学生なりたてのホヤホヤJCに勝手に彼氏を作ったことを腹立てるストーカー

日付2022-03-09T23:43:00
分類
画像26枚
訪問数

今日は腹圧を意識したスクワットを行った。今まで上手くいかなかったが結構コツが必要で腹圧というからには腹に精一杯空気を入れて踏ん張っていたが、そうではなく自然な感じにできるのがよい。お腹だけでなく、背筋も膨らませなければならない。難しいのであまりそこは意識せずになんとなく踏ん張っている時に腹筋に自然に力が加わる感じが掴めれば良い。かなり難しいが体幹を鍛えるには絶対に通らなければならない道である。陸上選手の為末が言うにはしゃがんだ状態をドッヂボールのようなゴムボールで例え、押し込んで圧がかかり、圧で押し出して持ち上げる感じである。フィジカル的な筋肉より体幹向けの技術だが、筋肉も技術も得られればハイブリッドパワーを発揮することができるのだ。そして最近私の研究で解ってきたことがある。努力は無駄であることがだ。中国人の卓球選手を見ていると誰でもわかると思うが、選手の量と日々鍛錬する度量が違うのだ。あれだけの選手人口で何時間も毎回練習すれば1000人中23人くらいは金が取れる。また、戦国時代に城を建てるには、無論それなりの質の高い石をあちこち集める必要があった。重たく何トンもある石を川がない場所や山をみんなひたすら走って運んでいったのだ。飛脚とはレベチ。何日も全力疾走で、昔の城職人(穴太衆あのうしゅう)は鍛錬していたのだ。今の時代はトラックがあるので走るエネルギーは効率が悪い。人身事故のリスクやトラック費用、ガソリンなど全部差し引いてもトラックで運んだ方が断然効率が良い。エネルギーをうまく利用できているのがこの世の正しさで賢く論理的且つ理に適っているのだ。なので遅筋を必死に長時間鍛えあげるより、プロテインをガバガバ飲んで、タンパク質中心の食生活にして30分から1時間程度の短時間の速筋トレーニングの方が効率が良く、この世の正しさで賢く論理的且つ理に適っているのだ。努力より頭を回すことが未来のAIに託される人間の石器時代などの全て無駄なアレ努力は、次のコンピュータAIにつなげる絆だ。全部が全部結果的に、我々の行いはAIプログラミングまでにつなげる行為なのだ。その手順がどうだったであれ、戦争であれ、無駄なこともいっぱいありバカっぽかったがどんどん進化していってAIコンピューティングになる日が来るまでのプロセス

作品名:

イケナイありな

作者:隅太郎
プレビュー数:26
備考:続きは書店にてお買い求めください。

中学校に入学した千歳アリナさんは一際美しかった。そんな彼女を陰でJS時代から見守っていたファン(ストーカー)に彼氏と居るところをpaparazzi。

ikenaiarina0
1/26
12
ikenaiarina1
2/26
7
ikenaiarina2
3/26
5
ikenaiarina3
4/26
6
ikenaiarina4
5/26
9
ikenaiarina5
6/26
9
ikenaiarina6
7/26
2
ikenaiarina7
8/26
4
ikenaiarina8
9/26
5
ikenaiarina9
10/26
2
ikenaiarina10
11/26
4
ikenaiarina11
12/26
2
ikenaiarina12
13/26
2
ikenaiarina13
14/26
2
ikenaiarina14
15/26
3
ikenaiarina15
16/26
2
ikenaiarina16
17/26
1
ikenaiarina17
18/26
4
ikenaiarina18
19/26
1
ikenaiarina19
20/26
1
ikenaiarina20
21/26
0
ikenaiarina21
22/26
0
ikenaiarina22
23/26
1
ikenaiarina23
24/26
0
ikenaiarina24
25/26
1
ikenaiarina25
26/26
0
日付2022-03-09T23:43:00
分類
画像26枚
訪問数
最後までお読みいただき有難うございました
Thank you for watching until the end

似たような記事